型付け

4スタンス理論を応用した、グラブ・ミット型付 選手それぞれの個性を引き出すため

手の平重視のBタイプ、指を積極的に動かすAタイプ
人差指・中指の1タイプ、中指・薬指の2タイプ

A1タイプ

A1.JPG
人差指と中指を積極的に使い、多少捻る感覚の入った捕球特性のあるA1タイプ。
■土手の紐は取らなくても問題ないタイプです。

人差指とウェブの辺り、人差指と中指の間が、破れやすくなるので、その部分のお手入れも十分にして下さい。


A2タイプ

A2.JPG
■中指と薬指を積極的に使い、軽く掴む感覚の入った捕球特性のあるA2タイプ。
■土手の紐は取った方がいいタイプです。
■小指付け根の開閉も自由が効いた方がいいので、ワイドヒンジスタイルも有効です。
■人差指と中指の間の紐(X)は、開いた方が自然な動きができるタイプです。

人差指と中指の間、中指と薬指の間が、破れやすくなるので、その部分のお手入れも十分にして下さい。


B1タイプ

B1.JPG
■親指付け根付近を意識した捕球特性のあるB1タイプ。グラブはあまり開かず、親指付け根(拇指球)と人差指付け根、中指付け根を、微妙に動かし軽く挟む感じのタイプが多いです。
■土手の紐は取った方がいいタイプです。
■指の間の紐(X)は、すべて閉じ目にした方が、自然な動きができるタイプです。
■キャッチャーミットの場合、ウェブ部分の紐がブラブラしているのを好まず、しっかりウェブとミット間の紐を締めるタイプです。
■また、土手は薄めの方がいいです。小指の動きが邪魔になるので、ワイドヒンジや辻トジも有効なタイプです。

親指付け根とウェブの間が、破れやすくなるので、その部分のお手入れも十分にして下さい。


B2タイプ

B2.JPG
■手の平中心を意識した捕球特性のあるB2タイプ。画像よりも、もっと指の間の紐(X)は開いても大丈夫です。手の平でがっちり掴む感じのタイプです。
■土手の紐は取った方がいいタイプです。
■土手は薄めの方がいいです。
■多少捻りの入った動きもあるため、小指側土手部分を動きやすくした方がいいです。

グラブ手入れ部分の小指付け根辺りが、破れやすくなるので、その部分のお手入れも十分にして下さい。


fixkunitomitto800base.jpgミットは、こんな感じのポケット位置になります。
■ミットも、A1・A2・B1・B2 それぞれに、しっくりくる型があります。
■もちろんすべてのタイプに共通して『いい!』という型も作れますし、より4つのタイプに特化した型も作ります。
A1・A2・B1・B2のどのタイプなのか、簡単に判定できますので、お気軽にお申し付け下さい。

画像のミットは、どのタイプにも合うように型付けしたものです。 
ミットをはめて右手で バシッ と叩くとき、Aタイプは手の甲で、B1タイプはグーパンチで、B2タイプは小指側トンカチパンチになっていることが多いです。最近発見した傾向です。

4スタンス パワーライン

4stancepowerline.jpg
■ぞうきんを絞るとき
■バットを握るとき
■ちょっと重たいカバンを持つとき
■お寿司を握るポーズをするとき

不思議なことに、自然と、このラインを利用しています。






7984_B2kataduke_on.JPGB2タイプ型
8128_A2kataduke_on.JPGA2タイプ型
DSC_0364.JPGB1タイプ型
DSC_0223.JPGB2タイプ型

型付け

プレーヤーの想像以上を目指して

■型付けの際、グラブに微妙な『クセ=均一に慣れない』部分が現れてきます。90%以上の確率でこの『クセ』は出現します。このクセが、グラブを手にはめたとき、『なんかしっくりこない』感覚につながります。ウェブとポケット部分に現れやすく、独自の方法で、丁寧に『クセ』を慣らしていきます。
■この『クセ』をなくしたあと、グラブを手にすると、「手に馴染む、手の平や指の動きが、どこにも引っかからずにグラブに伝わる」そんな状態になります。
■選手の特性を活かした型付け。ポケット位置と4スタンスタイプが決まれば、あとはお任せ下さい。最終的には、3Dフィット感を高めて出来上がりです。
B1.jpg

捕球面に塗らせていただいているオイルは。100%天然素材です。石油系は0%。革を丈夫にするスクワランオイル、人にもっとも近いホホバオイル、昔から定評のあるミンクオイル配合。ベースオイルも直接肌に塗ることのできる天然植物オイルを使用しています。すべて弊社で調合しています。

なぜ、グラブが重たくなるのか。
一言でいえば、『ワセリン(石油系オイル)』のためです。なんか、ベタッとするタイプのオイルです。

 ワセリンは、原価も安く、クリーム感も出すことができ重宝される原料です。多くのオイルには、このワセリンが含まれています。
 ワセリンは、たとえばニベアクリームにも含まれています。人の肌に塗る場合は、汗をかいたり、お風呂に入ったりして、このワセリンはその日のうちにほぼ落ちます。
 ただし、グラブについたワセリンは、簡単には落ちません。塗るときの滑らかさや、原材料の安さでこのワセリンが選択されています。できることなら、このワセリン配合のオイルは避けて下さい。このワセリンが、グラブを重くしています。
 ワセリンの配合比までは分かっていませんが、1000円未満の入門用のオイルには、かなりな割合で含まれています。

 2000円ぐらいするオイルには、スクワランオイルやミンクオイルなど、高価なオイルが含まれているといっても、ごく少量な場合がほとんどです。

 只今、独自のオイルを開発中です。

バッティング時の4スタンス理論

4stancebonds.JPG

タイプ別軸決定の大切さ

4スタンス理論の大切なところは、『自分のタイプを知る』ということ以上に、いかに軸を安定させて、正確性とパワーを向上させるところにあると考えています。実際、自分にあった3点の軸を安定させると、調子のいい状態(安定して強く正確なパワーを引き出せる状態)を早く作ることができます。また、自分と違ったタイプの軸を使うと、逆方向への打球がうまく飛ぶようになったり、パワーはそれほどでもないけどコントロールがうまくいったりといったヒントもあります。

■A1軸の3点=みぞおち前面→ひざ頭→拇指球
・・・体重移動で前足に軸ができる、クロスタイプ。
・・・イチローのルーティンとスウィングが素晴らしくA1の特性を表現している。

■A2軸の3点=みぞおちの背中側→ひざ裏→足の中指・薬指の付け根
・・・体重移動で前足に軸ができる、パラレルタイプ。
・・・アレックスカブレラ(西武→オリックス)のルーティンとスウィングがA2の特性を表現している。フォロースルーは4タイプのうち最大。

■B1軸の3点=土踏まずカカト寄り内側→股関節背中側(骨盤がまっすぐ立つ感じ)→首付け根背中側(背筋がきれいに骨盤に乗る感じ)
・・・キャッチャー寄りの足が軸になり、捻りは入らず、そのままシンプルに腰を切るパラレルタイプ。
・・・坂本勇人のバッティングイメージがB1を理解するにはわかりやすい。

■B2軸の3点=土踏まずカカト寄り外側→股関節内側(腰が据わって、どっしり感が一番強いタイプ)→首付け根
・・・キャッチャー寄りの足が軸になり、ウネリのパワーをボールに伝える。フォロースルーはそれほど大きくなくてもいい。
・・・松井秀喜がルーティンからフィニッシュまでB2の特性を理解するのにわかりやすい。

画像のボンズは、A2タイプです。

まだ研究中ですが、
■Aタイプは、手首(足首)で、ピッチャーとのタイミングをとる。
■Bタイプは、ヒジ(ヒザ)で、ピッチャーとのタイミングをとる。

4スタンス判別方法(A1 A2 B1 B2)

4stancepowerline.JPG

A(内転)タイプ or B(外転)タイプ

①低めのイスに座ってもらい、立ち上がる準備をしてもらう
②補助者が、イスに座った人の『ももを内側に捻る』
③踏ん張らない程度に立ち上がろうとしてもらう
④補助者が、イスに座った人の『ももを外側に捻る』
⑤踏ん張らない程度に立ち上がろうとしてもらう
③⑤のどちらが楽に立ち上がることができたか
③ならA(内転)タイプ
⑤ならB(外転)タイプ

1(前重心=指先側・つま先側)タイプ or 2(後ろ重心=手の平・カカト側)タイプ

⑥バットを軽く持ったとき、指を意識して握る=1タイプ
⑦バットを軽く持ったとき、手の平を意識して握る=2タイプ
⑧捕手よりの脚を意識し、どっしりと腰を据えて構える=2タイプ
⑨どっしり感よりも、体重移動をイメージして構える=1タイプ
⑩寿司を握るマネをしたとき、手の平の中心辺りを意識する=2タイプ
⑪寿司を握るマネをしたとき、指の付け根のマメができる辺りを意識する=1タイプ

AタイプかBタイプ、1タイプか2タイプ、いまひとつわからないとき

⑫ピッティング動作、バッティング動作のとき、捻りが入る。うねり打法タイプ=A1かB2
⑬ピッティング動作、バッティング動作のとき、捻りがあまり入らず、腰の切り返し(入れ替え)重視タイプ=A2かB1

以上でもよくわからないときは

A1かA2
B1かB2
A1かB1
A2かB2
だけでもわかればOKです

600.jpg

進化した型付 揉みと叩きのみで、湯もみとは比べ物にならない仕上がりをお約束いたします。

今、流行りの自動運転 V2X(Vehicle-To-X)、グラブ型付に取り入れました(笑)

 グラブ型付けの王道は、自分の手にはめて、ひたすら叩くor バッティングセンターに行って、ボールを打つのではなく受ける!

 これが、やっぱり一番自分の納得いく型になる!

 スポーツショップ東海では、基本どおり、叩きと揉みのみで型を付けます!!!!

 そこで、ひたすら叩く部分に自動運転を取り入れて、しっかりお客様の型を作り上げます!もちろん革とタオルでやさしく包み、緩めるべき紐を解いて、グラブに皺などができないように下ごしらえしています。

 湯もみは、化学調味料で出汁をとるようなもの。今まで自分がやっていた方法は、化学調味料は使わないけど圧力釜を使っていた感じです。やはり、グラブに負担を掛けないようにした叩きがいいですね。ピンポイントの叩きと紐の調整で、自分に合った型ができあがっていきます。



 4つのタイプごとに作り上げたサンプルグラブをはめてもらい、どれがあっているか選んでもらいます。そして、バットスイングをしてもらい、4つのタイプにズレがないかチェックします。これだけで90%以上の確率で、お客さんにぴったりあった型をイメージすることができます。あとはピンポイントのポケット位置をお伺いするだけ(手の大きさがあるので、微妙にポケット位置は変わる場合があります)

 90%以上と書きましたが、レベルの高いプレーヤーなら99% 型タイプは特定できます。

 ここに当てはまらない選手は、自分が本来持っているスウィングスタイルと、いろいろ言われてきて今あるスウィングが合っていない選手の方が多いです。

 グラブの型、スイングスタイル、ピッチィングスタイル、実は共通点が多々あります。

 興味ある方は。グラブを持って遊びに来てください。

to the top page of headerasura.jpg